趣味全開

趣味の釣り、読書、アニメ・漫画を主に語るブログです

ワカサギ 竿の自作(穂先) 前編

 

こんにちは、私がブログを初めて一番書きたかった記事、

ワカサギ竿の穂先の自作についてです。くぅー!!

 

苦節約10年、

財力もツテもない私がワカサギ釣りの穂先を自作するには、

たくさんの失敗がありました…。

市販の竿を削るところから始まり、

竹藪から竹を収集して竿づくりを行ったり、

100均の寿司巻きを使って穂先に使ってみたり…

 

 

ということでそのお話♡

 

 

 はじめに

 

今回の記事は前章+三章構成となっています。

 

まずは使用する道具をまとめた

 前章 必要な道具編

 

竿と自作した穂先が上手く繋がるようにする

第一章 ジョイント編

 

次に竿の良しあしを決める、

第二章 削り方編

 

最後に竿のガイドの取り付け等を行う

第三章 竿の調整編

 

となります。

長くなりそうなので記事が2つに分かれます。

それでは早速開始!

 

前章 必要な道具編

 

まずは穂先を作るときに必要な道具をご紹介します。

以下の写真参考で、 

f:id:fjkoessz1:20180128224922j:plain

 これに追加して、必要なものが

・重り(釣りで使用するナス型の1~2号)

・いらなくなったリールが付けられる竿

ですね。

 

一旦全部書き出します。wordとかメモにコピペして貼り付けると、

買出しに行きやすいぞ♡

 

・穂先

・接着剤

・ライター(穂先に真鍮製の筒がついている場合のみ)

・ろうそく(穂先に真鍮製の筒がついている場合のみ)

・ハサミ

・ペンチ

・糸

・クリップ

・カッター

・バケツ

・重り

・いらなくなった竿

・ねじ(ペンなどの細い棒状のもの代用可能)

 

 肝心の穂先についてですが、

2.5mmソリッド(ガラス製)を採用しました。

細すぎると竿がペラペラで、

太すぎると加工が大変だからです。

 

ちな私は最寄りの釣具屋で入手しました。

釣具屋では補修コーナー等にあると思います。

 

UMEZU(ウメズ) ソリッドトップ 50cm 2.5mm 1597B

UMEZU(ウメズ) ソリッドトップ 50cm 2.5mm 1597B

 

 

Amazonで探し出すだけで1時間以上費しました…

しかも1597Bではなくて、私の買ったのは2718F

おそらく上記商品の2本入りのタイプだと思います。

こういうニッチなものを探すのは案外難しいのね

 f:id:fjkoessz1:20180129003359j:plain

 

上の画像は2.5mmのソリッドの棒に接続する道具

これが重要な”ん”で”す”!

私は画像の真鍮製の物を購入して使用しています。

 

代用品として内経2.5mmのパイプをホームセンターで購入してくれば、

何とか作成できると思います。

※もしパイプを購入して接続部分を作る際にはアルミ製にしましょう。

 ステンレスと真鍮は硬すぎて加工が困難です…

 

 

 

 

ここまで見てくれたあなたは既にお気づきかもしれません。

 

一番大変なのはワカサギ穂先の加工ではなく、

材料を揃えることなのです!

 

私も何度ホームセンターや最寄りの釣具屋を

血眼になって走りまわったことか…うぅ( ;∀;)

 

ぶっちゃけてしまうと、

道具をそろえたら6割ぐらいワカサギ穂先作りは完了したと思っても大丈夫!

無事に道具を揃えられたら次に行きましょう!

 

第一章 ジョイント編

 

 

穂先と接合する筒をいらない竿に接着剤でくっつける。

(説明下手かっ!)

つまりいらない竿に筒をくっつけます。

f:id:fjkoessz1:20180128225603j:plain

 この筒が…エイヤ!

 

 

 

f:id:fjkoessz1:20180128225533j:plain

いらない竿にくっつきました…

見栄えは気にしたら負けです。というか誰も見てないよ

ハンドメイドなのでビジュアルよりも性能重視でいきましょう。

 

 

※筒と穂先をつなげると、

 スカスカして固定できなくなってませんか?

 そのような問題が発生した時には、

 穂先の根元をペンチで少しつぶしましょう。

 横に広がって、固定しやすくなります。

 穂先と筒は接着剤で固定しないように注意

 

 

これにてジョイント作業は終了です。

てか準備編のほうが分量多いじゃないか💦どうなっているんだこの記事は!

 

二章三章は、次回の更新ですので、

今回はここまで

次の工程でお会いしましょうね!

 

 

おまけ

 

私が使用したソリッドの穂先真鍮カンはどちらも

株式会社ウメズが販売している商品でした。

初めて名前を聞きましたが、

どうやらウキを専門に販売している企業のようです。

この企業がいなかったら、ワカサギ穂先の自作ができませんでした。

ありがたや、ありがたや…

 

初めて分かったけど、使用したソリッドと真鍮カンも本来はウキ作成の道具だったのか!

うーむ、そんなことを全く知らずに使わせてもらってました。

記事作成でまた一つ勉強になったぞ。

ブログ書いててよかったぜ☻